Topics

「私はネコが嫌いだ」よこただいすけ

Oct 12, 2013

Tags: book

「私はネコが嫌いだ」よこただいすけ honto.jp

第13回新風舎えほん大賞を受賞した作品が、電子書籍で復刊。娘が拾ってきた子猫を「嫌いだ」とうそぶきながらも、世話をする父親。子猫から老いて亡くなるまで、小さな命とのかけがえのない日々が、丁寧に描かれています。電子版オリジナル付録ページも収録されています。

「おかゆネコ」吉田戦車

Oct 11, 2013

Tags: book

「おかゆネコ」吉田戦車 amazon.co.jp

ひとり暮らしのサラリーマン・菊川八郎と、人の言葉を話すネコ・ツブ。乱れた食生活を正すため!? ツブはさまざまな「おかゆ」の賄いを作ります。猫舌だから味見ができずにしょっぱくなってしまったり、爪がじゃまして魚の小骨が残ってしまったり……。猫が料理をするという奇想天外な展開にも関わらず、妙なリアリティが。読み進めるうちに、猫はさておき「おかゆ」を食べたくなってくるグルメ漫画です。

「猫の紳士の物語」メイ・サートン

Oct 9, 2013

Tags: book

「猫の紳士の物語」メイ・サートン amazon.co.jp

無類の猫好きだったというアメリカの女性作家、メイ・サートンによる、実話をもとにしたユーモラスな猫物語。自ら望んで「ホームレス猫」になったものの、この暮らしは容易ではない。プライドを捨てずに人間と共生する道を探すか、理想の飼い主を求めて街を彷徨う…。ニューヨークの画家、ベンジャミン・レヴィによるイラストも必見です。

「猫とともに去りぬ」ジャンニ・ロダーリ

Oct 7, 2013

Tags: book

「猫とともに去りぬ」ジャンニ・ロダーリ amazon.co.jp

イタリアの詩人で児童文学者のジャンニ・ロダーリによる16編の短編集。表題の「猫とともに去りぬ」では、家族や会社が嫌になり猫になった人間たちが登場。ローマの遺跡を舞台に、猫と元人間の猫たちによる物語が描かれています。魚になってヴェネツィアを水没の危機から救う一家や、ピアノを武器にするカウボーイ、ピサの斜塔を略奪しようとした宇宙人など…。現代社会への痛烈なアイロニーとユーモアを織り込んだ、20世紀イタリア文学の古典を堪能あれ。

「猫の気持 犬の知恵」前川博司

Oct 5, 2013

Tags: book

「猫の気持 犬の知恵」前川博司 amazon.co.jp

町のペットドクターによる犬と猫の行動や心理を解説した本。犬や猫がそばにいるだけで、心がなごむのはなぜか。動物たちの交遊学や男女関係、愛し方など、人間にも通じるような内容に思わずハッとさせれる1冊です。

「雪猫」大山淳子

Oct 2, 2013

Tags: book

「雪猫」大山淳子 amazon.jo.jp

タマオは少女に命を救われた白猫・タマオ。高校生になった少女は、ある日何者かに追われていた。タマオは塀の上を走り、あやしい男に飛びかかる…。ドラマ化もされた「猫弁」シリーズの著者が書く、猫の恩返し。

「猫の絵画館」コロナブックス編集部

Sep 29, 2013

Tags: book

「猫の絵画館」コロナブックス編集部 amazon.co.jp

浮世絵から近代絵画まで、アートになった愛くるしい猫たちを集めた画集。江戸から明治時代の国芳をはじめ、植物や女性などのモチーフとともに描かれたさまざまな猫たちが登場。いつの時代も、絵描きたちの猫に対する羨望があったのだと思わされる1冊です。

「猫のためのヨガ」トラウドル・ライナー

Sep 27, 2013

Tags: book

「猫のためのヨガ」トラウドル・ライナー amazon.co.jp

ドイツでベストセラーとなったヨガをする猫の本。日なたで、こたつの中で、ただただ怠惰に眠りこける猫や、飼い主を無視して気ままに生きる猫…。ヨガの瞑想と東洋の智恵により、精神的にも肉体的にも健康になれるとか!? ひょうひょうとした猫たちと一緒に、ヨガを始めてみたくなる1冊です。

「猫たちを救う犬」フィリップ・ゴンザレス

Sep 25, 2013

Tags: book

「猫たちを救う犬」フィリップ・ゴンザレス amazon.co.jp

事故で大怪我を負って失職し落ちこんでいた著者が、動物愛護ホームで犬のジニーと出会う。ジニーは、傷ついたり障害をもっていたりする野良猫を見つけては救いだすという使命を持っていた。目の見えない猫や耳の聞こえない猫、うしろ足のない猫、小脳形成不全で歩けない猫…。そして猫たちだけではなく、ジニーは著者自身も救うことになる。猫派犬派という垣根を超えた、聡明で知的で、好奇心にあふれた犬がもたらす奇跡の実話です。

新編「銀河鉄道の夜」宮沢賢治

Sep 22, 2013

Tags: book

新編「銀河鉄道の夜」宮沢賢治 amazon.co.jp

貧しく孤独な少年ジョバンニが銀河鉄道に乗り夜空の旅をする「銀河鉄道の夜」をはじめ、「よだかの星」「オツベルと象」などイーハトーヴォの切なく多彩な世界、14編を収録した1冊。猫が登場するのは、猫のための歴史と地理の案内所を舞台にした「猫の事務所」と「セロ弾きのゴーシュ」の2作。猫嫌いだった!? と言われる宮沢賢治の猫物語をチェックしてみては。